え?まだ、そうめんにアボカドいれてないの?

そうめんの麺つゆにアボカドをいれる!それだけで炭水化物ばっかりのそうめんがバランスの良い食事になります。

手探りで始めたyoutubeだけど、今回夏用の料理動画として、アボそうめんとアボかき揚げの動画をアップロードてみました。

2007年から僕がやってきたアボカド料理。アボカドに泣き、アボカドに笑った10年のなかでみつけたアボカドの魅力の一つに”味がしみ込みやすい”というのと”口の中で他のものと一緒に食べたときに味のブースト”がかかる。という魅力があります。

この特徴を生かして、今日はそうめんの麺つゆにアボカドを入れてみました!!

この料理のポイントは炭水化物ばっかりのそうめんにアボカドをプラスすることによって、”適度な水溶性食物繊維” ”ビタミンE”などなどの栄養価を足すことにバランスがよくなり、そうめんをたべたことによる食後の血糖値上昇を抑制し、味のブーストにより麺つゆとそうめんの味がさらに倍増し、そうめんの物足りなさを克服するレシピとなっています。

麺つゆに関してはみんなそれぞれ味の好みがあると思いますので、好きなブランドでいいと思いますが、僕は無添加で甘みの少ないめんつゆが相性がいいと思っています。そうめんの甘みがアボカドでより引き立つからです。
ここで、ひとつポイントなのですが、そうめんのつゆにはエキストラバージンオリーブオイルをかけて食べてみてください。麺つゆの香りとオリーブオイルの香りがお互いの良さを引き出しあい、ものすごく美味しくなります。

そうめんはくれぐれもゆですぎないように1分だけゆで、流水で氷をケチらずしっかりそうめんの表面の油を洗い流してくださいね。ここでそうめんを洗う作業で手を抜くとそうめんを口に入れたときに口の中でぬめりとゆで汁の味がのこり、つゆの味をにごらせる大変不快なそうめんに仕上がります。

そうめんの命ともいえる食感。ゆでているときと絞めたときの温度差があればあるほど腰のあるプリプリのそうめんに仕上がります。気合を入れて冷やし洗いしてくださいね。

薬味については今回はネギだけにしましたが、茗荷・生姜などたっぷりいれてもアボカドに合いますし、より一層美味しくなりますよ。

兵庫県の平野製麺所の方のそうめんの製造工程の動画です。そうめん職人の方のそうめんに対する愛情がよくわかる短くて素敵な動画でした。リンクはちょうど油を塗っているところです。

最後に私たちの動画を張り付けておきます。アボカドと香味野菜とシラスのかき揚げもいっしょにつくったので是非ご覧ください。

チャンネル登録、評価もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA