立ち飲み屋 あぼ太郎 オープンにかけての思い

ご覧いただいている皆様こんにちは。  おそらくこのページにたどり着いてみてくださっている皆様は、居酒屋や立ち飲み屋が好きな方や、下北沢が好きな方、そしてアボカドを愛する方々だと思います。  この立ち飲みあぼ太郎というお店はちょっと実験的なスタイルのお店なのでこの場を借りてみなさまにお伝えさせていただこうと思います。  まず、3年前に下北沢でこの物件を借りた時、スケルトンの状態でこの物件を見た時、入り口が二つあってその2つの入り口がそれぞれ魅力的だったので、その入り口の違いをうまくいかしたいなぁと思いました。  そこで、私たちが以前運営していたアボカドをつまみに飲む店 アボカドバルセッソマットで得た経験をもとに、アボカドのカフェと呑み屋。二つのお店が一つになったような空間を作ろうと考えました。 これは実際にやってみるととても大変な作業で私たちはまずカフェを先にオープンして軌道にのせて、安定する見込みがたったら呑み屋のほうをオープンさせるように軌道修正しました。  時がたつのは早いものでカフェのオープンから3年という月日が経ってしまいましたが、やっと初志貫徹し呑み屋のオープンにこぎつけました。  あぼ太郎の中で作りたい空間づくり、出したいメニューなどまだまだたくさんアイデアがあるのでこのスタートを機にいろいろとまた世の中に出していこうと思っておりますので皆様よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA